Webマーケティングでは何を売りにするのかが重要

選択肢が豊富にあることは良いことです。

しかしあまりにもその項目が多すぎると、いったい何を選べば良いのか迷ってしまい、そこで手が止まってしまいます。

これはWebマーケティングでも重要な問題です。

たとえばあるWebショッピングサイトがあります。

そこには様々な商品が並んでいるのですが、それだけです。

いったい何が売りなのかが伝わってきません。そうなるといくら良いものを取り扱っていても、注目はしてもらえません。

多くの人が訪れたとしても、そこで目に付くものがなければそれで終わってしまうのです。

自由に選択ができることは、利用する人にとって良いこととは限りません。

たくさんの商品があるなら、平等に売れて欲しいのは売り手側の考えです。

しかし目玉になるものを用意できなければ、買い手側はあまり良い反応をしてくれません。

最初から多くの商品を取り扱うより、まず集客ができる売れるものに絞り込んで考えていきましょう。

どんな時期に何が売れるのか。

これも重要です。

たとえばクリスマスの時期になると何が売れるのか、それぞれの季節に合わせて売れる商品もあります。

もちろんこれは取り扱っている商品やサービスによって異なるので、すべての時期に合わせたものを用意できるとは限りません。

そのショッピングサイトで用意ができる商品を効率的に売るなら、商品分析は必要不可欠です。

どんな時期に求められることが多いのか、どんな人が欲しがっているのかを考えましょう。

また初回販売に適したものもあれば、継続的な販売に適したものもあります。

それぞれの商品特徴を知っていれば、それに応じて宣伝方法も変わってきます。

集客に力を入れたら、今度はいかに買ってもらうのかについて考えていく必要があるのです。

品揃えは良くても、ごちゃごちゃしていて何を選べば良いのか分からない。こういう問題を抱えているところは多いのです。

手にとって選べるならそこに楽しみを見出す人もいますが、Webサイトの場合はそう上手くいきません。

そのための流れを販売側で用意していきましょう。