webマーケティングを熟知することがマーケティングを成功させるカギ

経済産業省が平成25年に発表したデータによりますと、SNSやアプリなどwebを利用した市場は個人向けは約9.5兆円、企業間は約262兆円であり、今後この市場は益々拡大していく方向です。

そのためwebマーケティングを駆使して、いかに無理な売り込みをせずに、ユーザーに興味を持ってもらって自社のサイトに誘導し購入してもらうルートを作るかが、売り上げ増大の鍵となっています。

webマーケティングといっても様々な方法があり、一番簡単な方法と言えばSEOがあるでしょう。

SEOとは検索エンジン最適化の意味で、Googleなどで検索した時に最初の方に表示され目につきやすいようにする施策のことです。

以前は自社サイトは別のサイトを複数持って、それらにリンクを貼ることで検索の上位に上げる方法が一般的でしたが、今ではユーザーの利益になるように、ユーザーにとって良質なサイトが検索の上位にくるようになりました。

SEOの施策では自社サイトの内容の向上が重要となっているのです。

SEOは費用がかからないというメリットがありますが、もし費用をかけても即効性が必要というのであればリターゲティング広告が良いでしょう。

リターゲティング広告とは以前見たサイトの広告が、違うページを閲覧している時に表示される広告の方法です。

これは以前見たサイトのクッキー情報が残っているので、それを利用してユーザーの後を追いかけるように広告が表示されるのです。

同じく即効性のある広告としてリスティング広告があります。

これはGoogleなどで検索した時に上部に現れる広告のことです。

リターゲティング広告やリスティング広告はそもそも購買意欲がある人に対して配信される広告なので費用対効果が高いと言われています。

これらのwebマーケティングの方法が有効な手段として扱われるようになったのは、サイトにアクセスしたログを解析して、すぐにマーケティングに活かせるというメリットがあるからです。

施策によっては費用がかからず、またすぐに結果を数値で把握できるので、自社のマーケティングを強くしたい場合にはwebマーケティングを熟知することが必要でしょう。