webマーケティングでお馴染みのメルマガ、リスティング広告、アドネットワーク広告について

企業にとって現在webマーケティングのあらゆる方法を使ってユーザーに自社の商品に興味をもってもらおうと努力しています。

いかにユーザーを自社のサイトに訪問してくれるか、そしてどれくらいサイト内に滞在してくれるかなどは、販売をしていく上で重要なデータとなります。

以前のマーケティングではこれらのデータを集めることは難しかったのですが、webマーケティングであれば、ログが残るので、誰がどこから来て、どのページをどれくらいの時間見たかなどを把握することができます。

また、それを利用して更なる販売活動につなげることができるのです。

そこで販売活動において重要なwebマーケティングについてご紹介します。

webマーケティングの市場は年々拡大傾向にあります。

経済産業省が平成25年に発表したデータによりますと、個人向け市場は約9.5兆円、企業間の市場は約262兆円です。

SNSやアプリなどの普及により、さらに個人と企業のコミュニケーションは活発になってきています。

webマーケティングといってもメルマガやリスティング広告、アドネットワーク広告など色々な方法があります。

メルマガは個人のメールアドレスを入手して、メルマガやステップメールを配信していく方法です。

すぐに販売に結びつかないかもしれませんが、属性に合わせた内容のメールを送り続けることで、近い将来の販売に繋げることができます。

リスティング広告はGoogleなどのブラウザでキーワードを入力して検索した時に、検索結果の上に表れる広告のことです。

キーワードに沿った広告なので、広告主としては購買してくれる可能性の高いユーザーにヒットする確率が非常に高いです。

アドネットワーク広告とは自社の広告を一つの窓口を通して、複数のサイトに配信することができる方法です。

Google AdSenseやYahooディスプレイネットワークなどがアドネットワーク広告の窓口になっています。

自分で広告の配信先を選ぶことはできませんが、一度に大量の広告を出すことができるので大変お得です。