振袖レンタルのメリット

振袖のレンタルを選ぶメリットは、その時に着たい着物を着られる点です。

 

晩婚化で結婚する年齢が遅くなり、振袖を着られる期間も長くなりました。

 

振袖を購入して長く着ることを考えると、その時に着たい色や柄を選ぶことは難しく、長く着られるような無難なデザインの色や柄を選ぶことになります。

 

人気・流行の振袖を選べる

 

レンタルにすれば、本当にその時に着たい柄や色を選んで着ることができるのです。

 

振袖のトレンドや、自分の好みの色柄も年々変わっていきますので、その時に一番着たい柄が選べると、振袖を着るのがより楽しみになります。

 

費用がお得

 

トータルで振袖を購入するよりも、費用をお得にすることができるかもしれません。

 

着物のレンタルには、1回当たり数万円以上の費用がかかってしまうのですが、それには着物のレンタル代金だけでなくクリーニングの費用も含まれています。

 

振袖を購入すると、購入時に何十万円単位で費用がかかるだけでなく、着用する度にクリーニングの費用がかかるのです。

 

振袖一式をクリーニングに出すと、数千円から1万円前後の費用がかかりますので、メンテナンスの費用もそれなりに高くなるのです。

振袖レンタルのデメリット

振袖をレンタルするデメリットは、せっかく気に入った着物でも自分の手元には残らないことです。

 

振袖のレンタル料は種類や柄、質によってそれぞれ異なり、ものによっては何十万円もレンタル料がかかることがあります。

 

そのような高い費用を出してお気に入りの振袖を着られたとしても、その場限りで自分の手元には残らず、写真として残しておくことしかできないのです。

 

一度着用した振袖の柄や色が気に入って、次に振袖を着る機会にも同じものを着用したいと考える方も意外と多いのですが、レンタルしたいと思っても店頭になかったり、他の方に先に借りられてしまうこともあり、必ずしも希望する柄や色の振袖が借りられるとは限りません。

振袖購入のメリット

振袖購入のメリット、デメリット

女性が生まれて初めて振袖を着るのは七五三の時です。

 

それが過ぎるとしばらく振袖からは遠ざかり、その後身に着けるのは20歳の成人式の時です。

 

この時に振袖を購入するか、レンタルするかで迷われる方も多くいらっしゃいます。

 

成人式の後は卒業式も控えているため、これを機会に購入に踏み切る方も少なくありません。

 

振袖を購入するメリット、デメリットについてみてみましょう。

 

振袖が自分のものになる

 

購入するメリットは、振袖が自分のものになることです。

 

その後卒業式でも使用できるのですが、卒業式の場合は袴をレンタルするだけで、手持ちの振袖に合わせることができます。

 

将来、学校や幼稚園、保育園の先生になる方は、卒園式や卒業式で袴を身に着けますので、袴と振袖の両方を購入される方も多いのです。

 

卒業式の後でも、例えば、親戚や友人の結婚式に着て参加することができます。

 

お得になる場合がある

 

購入した方がお得になる場合があります。

 

振袖を購入すると、小物などを含めて何十万円単位の費用が必要になりますが、着用する機会が増えれば元はとれます。

 

自分ひとりだけしか着用しないと、もったいないように感じるかもしれませんが、姉妹や女性のいとこがいれば振袖を共有することも可能です。

 

歳が違えば成人式や卒業式の時期も異なりますので、振袖を共有して使うことができます。

 

そうすれば、それぞれの時期にレンタルをするよりもずっとお得になるのです。


振袖を購入するデメリット

振袖を購入するデメリットは、活用方法によっては損をするかもしれないことです。

 

振袖は高価な買い物であり、着用する回数が少なければその都度レンタルをしたほうがお得になります。

 

また、レンタルした方がその時の好みや気分に合わせて、好きな柄や色の振袖を着られます。

 

そして振袖を購入した場合、お手入れが大変になります。

 

自分で洗濯することはできませんので、クリーニングを依頼することになります。

 

汗ジミなどが残っていると後にシミとして出てきてしまうため、着用のたびにクリーニングが必要になり、その費用もかさみます。

振袖を着る機会はこんなにある

振袖を着る機会はこんなにある

振袖を着る機会は、一生のうちで成人式や卒業式くらいしかないと思っている方も多いでしょう。

 

中には、卒業式でも振袖を着用せずにスーツで出席する方もいらっしゃいますので、それを考えると一生に数えるほどしか振袖を着ない方もいらっしゃいます。

 

振袖は日本の伝統的な衣装

 

振袖は日本の伝統的な衣装ですし、着ることで女性らしさを醸し出してくれる、体形の気になる点をカバーしてくれるなどのメリットもあります。

 

結婚後は振袖を着る機会はありませんので、着られるうちに着ておくとよい記念になります。

 

七五三と成人式

 

振袖をはじめて着用するのが、3歳と7歳の七五三です。

 

その後しばらく間があいて、20歳を迎える成人式に振袖を着用します。

 

また、最近2分の1成人式というものも盛んに行われています。

 

学校でそのイベントをするのが広まってきており、両親を招いて感謝の気持ちを手紙にして述べるのです。

 

そして、その時に振袖を着用して記念写真を撮影する方も多くいらっしゃいます。

 

まだ10歳ですし、今後成長することが見込まれるため、その時は振袖を購入せずにレンタルする方がほとんどです。

 

成人式や卒業式以外でも振袖を着る機会は多くある

 

その後、成人式や卒業式で振袖を着用して式に出席し、記念写真を撮影します。

 

卒業式が終わってからはしばらく振袖を着る機会がありませんが、心がけ次第で作ることは可能です。

 

友人や親戚の結婚式

 

ひとつは友人や親戚の結婚式です。

 

洋装のドレスが多いからこそ、振袖姿の女性は大変目立ちますし、ドレスよりも柄や色使いが華やかで、そのうえ上品であることから、集合写真や記念写真を撮影しても大変目立つのです。

 

結婚式は食事をしたりお酒を飲んだりしますので、振袖が大変汚れやすくなります。

 

それを考えるとレンタルにしてしまったほうが、その後のメンテナンスが楽になります。

 

結納

 

結納の時も振袖が着られます。

 

今は結納を取り交わすカップル自体が減少していますが、両親の意向で取り交わすカップルもまだいらっしゃいます。

 

その時も女性は振袖を着て結納の儀式に参加することで、良い記念になります。


振袖を着ると女性らしさがアップする

振袖を着ると女性らしさがアップする

日本の伝統的な衣装である着物は、成人式や卒業式といったごく限られた時にしか身に着けることがなくなってきています。

 

着物は見た目がとてもあでやかで美しいのですが、洋服を着るようには自分で着ることができませんし、動きも制限されてしまって窮屈に感じますので、気軽に着られるものではないと思っている方も多いでしょう。

 

着物を着ることで得られるメリット

 

確かにデメリットもありますが、着物を着ることで得られるメリットもたくさんあります。

 

そのひとつが大勢の中にいても目立つことです。

 

例えば、結婚式や婚活の場などには、大勢の着飾った女性たちが集まっています。

 

多くの方がドレスを着ている中、着物を着ている女性は少数であることから、周りからも注目を浴びる存在になれます。

 

男性からは好印象の着物

 

また、着物は女性らしさを強調できる衣装でもあるため、男性から好印象を得られるのです。

 

着物はドレスと違って露出度が低いのですが、首、足首、手首の部分が見え隠れします。

 

その部分は女性としての色気が醸し出される部分であり、女性らしい色気が感じられるのです。露出度の高い洋服を着て色気を出すよりも、上品な色気を演出することができるのです。

 

体形をカバーできる

 

体形をカバーするのにも着物は役立ちます。

 

どんなに美しく着飾っていても、背筋が曲がっているとだらしなく見えてしまいます。

 

着物は帯をしっかりと締めるため、身にまとうだけで自然と背筋も正されるのです。

 

お陰で姿勢が美しく見えるようになります。

 

また、気になる部分をカバーする役割も持ち合わせています。

 

胸が小さい、足やウエストが太いのが気になる、くびれがないといった、女性特有の体形のあらゆる悩みも、着物を着るとうまくカバーできるのです。

 

胸が小さい方でも着物を着る時にさらしを巻いてボリュームを出せますし、足やウエストの太さも着物がカバーしてくれますので、体形を気にせずおしゃれを楽しめるのです。


着物を着る機会を増やそう

着物を着る機会がめっきり減ってしまいましたが、着物にはその良さがたくさんあります。

 

もう少し着る機会を増やして、女性としての魅力をアップさせてみませんか。