これからも市場拡大が予想されるwebマーケティングの特徴とは

企業にとってマーケティングはとても頭の痛い課題です。

有名な経営学者であるピーター・F・ドラッカーはマーケティングについてこう述べています。

「マーケティングの理想は販売を不要にすることだ」と。

つまり販売(営業活動)をすること無しにお客が物を買ってくれるような状態になることがマーケティングの理想だと言っています。

近年はITの発達により企業だけでなく個人でもネットショップを簡単に経営できるようになりました。

そして重要性を増してきたのがwebマーケティングです。

webマーケティングの市場は平成25年に発表された経済産業省の発表によると、個人向け市場で約9.5兆円、企業間の市場で約262兆円と試算されており、この規模は益々拡大していくと予想されています。

それではwebマーケティングについて見ていきましょう。

webマーケティングの最も大きな利点と言えば費用や効果を測定できるという点です。

今までの紙媒体のマーケティングだと、誰がどこで広告のページを見たのかわかりませんが、webであれば、誰がどこからwebサイトにアクセスして、どのページを閲覧したのか確認することができます。

また何回webサイトに訪れたのか、またそのページに何秒滞在したのかまでわかるので、企業としてはよりユーザーが滞在時間を長くしてくれて、フォームに入力してくれたり、購買してくれたりなど、何かアクションを取るように促すことができる魅力的なwebサイト作りをできるというメリットがあります。

また次はこのようなサイトにしたいと決めたら、それを実行するのに時間がかからないというのもwebマーケティングのメリットです。

また費用を最小限におさえつつ、ユーザーにダイレクトに訴えかけたり、再来訪を促したりすることもできます。

結論をいうと、従来の紙媒体のマーケティングと違って、webマーケティングは即効性があり、かつ融通がきくというのが、企業側としては大きなメリットと言えるでしょう。