webマーケティングの集客施策と接客施策の例

webマーケティングの重要性は年々増してきています。

経済産業省が平成25年に発表したデータによるとwebマーケティングの市場は個人向けで約9.5兆円、企業間で約262兆円で、市場規模はさらに拡大傾向にあります。

企業は販売活動を促進するためにさらにwebマーケティングに力を注いでいくことが必至となっていますが、webの世界はドッグイヤーと言われるほど次々に新しい手段や方法が出てきている状態ですから、webマーケティングの正解はこれだという定義づけは難しいです。

しかし一般的にwebマーケティングにはサイトにユーザーを集める集客施策と、ユーザーにアクションをとらせる接客施策があります。

集客施策と言われるものは色々ありますが、中でも有名なのがSEOでしょう。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、Googleがサイトの内容がユーザーにとってとても有益だと判断したものであれば検索の結果の上位に出してくれるというものです。

webサイトの露出を高めたいのであれば、SEOを意識したwebサイト作りが何より重要ですが、それを意識しすぎてキーワードをやたらに繰り返すような質の悪いwebサイトは逆効果になりますので、フェアで質の良いwebサイト作りを心がけましょう。

もう一つ集客施策として有名なのが、SNSを利用した広告です。

FacebookやTwitterなどに広告を出す際に、ターゲットにしたい年齢層や地域、興味、関心などの属性を指定して配信することができるので、とても効果が高い施策の一つと言われています。

接客施策ではユーザーに購買や資料請求、お問い合わせなどのアクションをしてもらうように促す施策です。

例えばリアルタイムでユーザーとチャットしたり、期限付きのクーポンを発行したりなどが接客施策として挙げられます。

いかにユーザーがwebサイトに興味を持ってくれて、途中で離脱しないようにするか常に改善していくことが重要になってくる施策です。