webマーケティングのリスティング広告とリターゲティング広告について

webマーケティングの方法にはサイトにユーザーを集める集客施策とユーザーに購買などのアクションを取らせる接客施策、そしてユーザーに再度サイトにアクセスしてもらうように促す再来訪施策があります。

どれも大変重要な施策ですが、これらを全部行えば確実にユーザーを獲得できるわけではありません。

webマーケティングは従来のマーケティングと違って費用や効果をデータとして把握できるツールです。

例えば紙媒体のマーケティングであれば、どのページを見て購入してくれたのかわかりませんが、webマーケティングであれば、履歴として誰がどのページにアクセスし、どれくらいの時間閲覧していたかが残るために、これらのデータを利用して企業はユーザーが多く集まる所から優先順位をつけて予算や時間を投下していけばよいのです。

それではwebマーケティングの集客施策についてご説明します。

集客施策には色々ありますが、その中でもリスティング広告やリターゲティング広告は有名なので聞いたことがあるかもしれません。

リスティング広告はGoogleやYahooで検索した時に現れる広告のことです。

確実にニーズのある人をターゲットにできますし、またクリックされなければ課金されないため比較的低予算で始められるというメリットがあります。

競合が多い場合は費用が高額になるリスクはありますが、うまく行けば大変効果の高い集客方法です。

リターゲティング広告とは過去にwebサイトにアクセスしたユーザーに対して広告を出す方法です。

例えば某化粧品のサイトを見た後、違うサイトに行っても常に以前見た某化粧品サイトの広告が追いかけてくるような経験をお持ちの方は多いでしょう。

これがリターゲティング広告で、常に滞在層に広告を配信し続けることができます。

webマーケティングはこれらの方法を駆使して常にターゲットに働きかけることで、売り込みをしなくても物が売れる流れを作っているのです。